劇場からの失踪-映画批評ブログ

映画をこよなく愛するArchによる映画批評

7000rpmの先に見た男達の世界「フォードvsフェラーリ」劇場映画批評回第8回

劇場で観た作品を"ネタバレなし、短めに" アクセルべた踏みながら夫に詰め寄るように書き連ねる劇場批評回「劇場から失踪」第8回 ―――――――――――――――― エンジンの爆音,タイヤがアスファルトに吸い付く音が鳴り響く。 その先に静寂な世界がある。そこは7000rpmを…

タトゥーは肌に罪と罰を刻み付ける『SKIN/スキン』劇場映画時評第19回

今回紹介するのは劇場映画時評第19回『SKIN/スキン』です。 実話に基づいた白人至上主義者の更生までの道のりを描く。タトゥーが簡単に消せないようにその道のりは苦難の連続。 差別の根源を徹底的に描いた本作。おすすめです。

加害者と被害者しかいないこの世界で『許されたこどもたち』劇場映画時評第18回

今回紹介するのは内田瑛亮監督の『許されたこどもたち』。過去作の『先生を流産させる会』と同様少年少女の社会問題を扱った本作。 決して他人事ではない。おすすめです。

小さな貴婦人が大人になるまで『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』 劇場映画時評第17回

題名:『ストーリー・オブ・マイライフ 私の若草物語』原題:『Little Women』製作国:アメリカ監督:グレタ・ガーヴィグ監督製作年:2019年 どうもArchです。今回紹介したのは150年前の大傑作少女小説原作の『ストーリー・オブ・マイライフ』だ。『レディー・バ…

貴方の居ない世界は治らない『CURED キュアード』劇場映画時評第16回

今回の劇場映画時評16回は『CURED キュアード』です。ゾンビ映画のタブーに触れている本作、徹底的に残酷に"ゾンビ"に向き合っており、デヴィッド・フレイン初監督作品とは思えない所業でした。おすすめです!

マッチをすり、戦争を起こせ『囚われた国家』劇場映画時評15回

今回紹介するのは劇場時評第15回『囚われた国家』。 「マッチをすり、戦争を起こせ」 現代を反映したデェストピアSFムービー。いまだからこそ観るべき一本です。

-ジャームッシュ最新作は何故失敗したのか-『デッド・ドント・ダイ』劇場映画時評第14回

今回紹介するのは劇場時評14回『デッド・ドント・ダイ』。今回は初めての酷評回、なぜジムジャームッシュの最新作は失敗したのか。 長文になってしまいましたが、是非読んで頂ければと。

今蘇る、戦場を生きた彼らの軌跡『彼らは生きていた』劇場映画時評第13回

今回,劇場映画時評を行うのは「彼らは生きていた」です。ピータージャクソン監督が蘇らせた第一次世界大戦の軌跡。そこには我々の観たことない彼らの生きた証があった。