劇場からの失踪-映画批評ブログ

映画をこよなく愛するArchによる映画批評

映画批評『タイラーレイク-命の奪還-』-子連れ狼の決死の脱出劇-

ルッソ兄弟製作,サム・ハーグレイブ監督Netflixオリジナルのアクション映画『タイラー・レイク-命の奪還-』の批評 スタント出身監督ならではの斬新なアクションの使い方とは!

散りばめられたメタファーが社会の正体を暴く『ゼイリブ』

今回紹介するのはジョン・カーペンター監督の『ゼイリブ』。社会風刺を未曾有のエイリアン侵略に重ねてしまう強烈な一作。おすすめです。

至高の音楽と共に語られる西部への憧憬と郷愁『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』

今回紹介するのは『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』。セルジオ・レオーネの紡ぐフロンティア・スピリットへの憧憬と哀愁。おススメです。

繰り返す憎悪と暴力の歴史~『猿の惑星』シリーズ~ 【ネタバレ注意】

今回紹介するのは『猿の惑星』旧シリーズ五作品です。SF映画の金字塔になったこのシリーズの魅力、猿と人間の対立の先に見えた一つの解答とは?おススメです。

日常が崩れる音は銃声と似ている『エレファント』

今回紹介するのはガス・ヴァン・サント監督の『エレファント』です。本作は実話に基づいているが、本作は事件の本質とは違うところにある。 わずか80分弱の映画の尺、余白をつなぎ合わせたような時間が、貴方に他の作品よりも長い思考の時間を与える。 この…

不可逆な青春を駆ける旅『マイ・プライベート・アイダホ』

今回紹介するのは『グッドウィルハンティング』などで知られるガス・ヴァン・サント監督の『マイ・プライベート・アイダホ』(米1991年)です。 若き日のキアヌ・リーヴスと今は亡きリヴァー・フェニックスのW主演で、体で金を稼ぐ青年たちの青春を描いた作品…

『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』-グザヴィエ・ドランの世界

今回紹介するのは『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』です。 こちらは新進気鋭、新世代の先駆者として知られるカナダ出身の監督グザヴィエ・ドランの最新作であります。 監督デビューを果たした第一作『マイ・マザー』を作り上げたのは若干20歳。低予算である…